不要なゴルフ用品は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

ゴルフ用品の「買取り」と「下取り」、どちらが良いの?

電卓とお金とぺん

ゴルフをやる人で「ゴルフ用品を買取ります」の広告を街で見かけた事がある人は多いと思いますが、実際に売った経験が有る人は意外と少ないようです。

少なくとも私のゴルフ仲間でその経験が有る者は20%位で、私自身はその20%に入る一人です。最初のきっかけは、近くにある「有名な本の買取り店」で本やDVDを売却した時に「ゴルフ用品を買取ります」の表示板を見た事でした。本屋さんでゴルフ用品も?と不思議な感じがしたので店員さんに尋ねてみたところ、本やDVDと同じように10分程で査定をして、提示金額に納得できればその場で買い取りますとの事でした。

そこで、2本持っていたドライバーの内の1本を取りに帰り、試しに査定を依頼しに行ってみたところ、2年程使った「ダンロップ XXIO FORGED(2013モデル) 」に約1万円の値がついたのです。

初めての経験なので、この金額が妥当なのかどうなのかは分かりませんでしたが、数カ月前に「SRIXON」を購入した後は家で眠っていた物なので手放す事にしました。それから暫くして新型のXXIOのアイアンセットが欲しくなってゴルフショップに行ったところ、そのショップでは手持ちのミズノのアイアンセットを「下取り」しますとの事でした。

自動車で馴染みのあるこの言葉から、「下取り」は「買取り」より高い値段がつくものと判断し、差額だけ払って新しいアイアンセットを購入しましたが、本当に買取りの店で売却するより高い値段だったのかどうかは分かりませんでした。

次がキャディーバッグです。この買い替えでは、買い取り専門店とゴルフショップの両方での比較をしてみました。

もともと数年前に3万円程で購入したPINGのバッグですので、どちらにしても大した金額にはならないと思っていましたが案の定、買い取り専門店では2千円程で、そしてゴルフシップでは新しく買うバッグが3万円以上の物であれば3千円で下取るとの事でした。

私が欲しかったバッグの第1候補は2万円8千円程の物でしたので方法は二つに一つ、「買い取り専門店に2千円で売却してから第一候補を買う」又は「次候補の3万円2千円のバッグを選び、3千円で下取りに出す」です。

結果的には後者にしましたが、後でよく考えてみると、購入した次候補は「3万2千円-3千円=2万9千円」もし第1候補にしていれば「2万8千円-2千円=2万6千円」、結局次候補を3千円多く出して買った訳です。それからは「不要なものは買い取り専門店へ」を基本に、「下取り」と言う名の「値引き」の誘惑には注意するようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめゴルフ用品買取業者
ゴルフエース(GOLF ACE)
ゴルフクラブの高額買取ならゴルフエース(GOLF ACE)